貿易論MA 試験リポート 合格 日本大学通信 メディア

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,802
ダウンロード数81
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:保護主義的な(貿易)政策が国内産業に対して与える影響について説明しなさい。
    以下の3点について必ず言及すること。

    1. 貿易自由化を遅らせることの費用と利益の間のトレードオフ
    2. 保護主義に関わる政治過程で発生する3つのコスト
    3. 円高阻止の諸政策(外為市場への介入と、財政赤字の拡大)の問題点

    【解答文字数:1,600字以上2,000字以内】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:保護主義的な(貿易)政策が国内産業に対して与える影響について説明しなさい。
    以下の 3 点について必ず言及すること。
    1. 貿易自由化を遅らせることの費用と利益の間のトレードオフ
    2. 保護主義に関わる政治過程で発生する 3 つのコスト
    3. 円高阻止の諸政策(外為市場への介入と、財政赤字の拡大)の問題点
    【解答文字数:1,600 字以上 2,000 字以内】
    保護主義的な貿易 政策が国内産業に対して与える影響として主に3つあると考える。
    まず一つ目を述べる。自由貿易による産業調整の結果、比較優位を持つ産業が時代によって変
    化することは明らかである。それが資源の効率的な配分を実現する可能性は当然であるが、同時
    に一時的な失業の急増や工場の閉鎖などを引き起こし、深刻な社会的摩擦を高める恐れがある。
    こうした事情から、産業調整の速度を落とすために一時的に輸入の自由化を遅らせたり、部分
    的に規制を強化したりするなどの措置が考えられ、実際に日本を含めた多くの国で実施されてい
    る。しかし、これらの措置はあくまでも暫定的である。貿易自由化を遅らせることの費用と社会
    的な摩擦の..

    コメント1件

    trek 販売
    注意:本資料は私が合格したものでありますが、各インストラクターによっては合否判定が変わってくるかもしれません。したがいまして、本資料は合格を保障するものではありませんのでご了承願います。
    2011/12/03 14:57 (5年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。