憲法(科目コード0121) 分冊1 合格 日本大学通信 信教の自由について論ぜよ。参考文献有り。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数291
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」(憲法20条1項前段)。信教の自由は、欧米諸国の歴史において、それが自由権の中心をなし、その他の自由権の先駆としての役割を果たした。わが国では、神道が国教的地位をもって特別の優遇を受け、また、その強要の事実など、信教の自由が侵害された過去があるので、信教の自由の保障に特別の意義があり、他の自由に比して詳細な規定となっているのもこのためである。
     信教の自由には、①信仰の自由、②宗教的行為の自由、③宗教的結社の自由が含まれている。②と③は、あわせて「礼拝の自由」あるいは「宗教実践の自由」と呼ばれることもある。人の内面的・外面的精神活動の宗教部分が横断的に保障されているのである。
     まず、信仰の自由は、「思想・良心の自由」の特別法的位置づけが与えられ、(i)特定宗教の信仰・不信仰あるいは無信仰の強制、(ii)特定宗教の信仰・不信仰あるいは無信仰を理由とする不利益処遇、(iii)信仰の有無あるいは信仰内容の告白強制(「踏み絵」など)をそれぞれ受けないことがその内容となる(無信仰の強制、信仰・無信仰を理由とする不利益処遇は直接的には19条の問題で..

    コメント1件

    trek 販売
    注意:本資料は私が合格したものでありますが、各インストラクターによっては合否判定が変わってくるかもしれません。したがいまして、本資料は合格を保障するものではありませんのでご了承願います。
    2011/11/06 17:39 (5年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。