観光事業論(科目コード0897) 分冊2 合格(A~B評価) 日本大学通信 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数274
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    サービス事業としての観光事業における望ましい組織のあり方を民間事業者レベルで解説しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     組織とは、何らかの事業計画を立て、秩序立てて事業活動を展開するために重要不可欠な戦略的かつ社会的存在であり、顧客との関係性を維持しようとする仕組みである。
     観光事業の組織の場合、観光事業はサービス事業であり文化環境事業であるから、製造業のように極力効率的に生産性を高めるというわけにはいかず、そこで、組織の大小に関わりなく、人間的・心的資本ともいうべき熱意、誠意、やる気、そして一体感が漂う人と人との繋がりが極めて重要になる。従って、採用・配置など人的資源を有効に管理しつつも、組織に文化と価値を生み出す人と人との繋がりが重要になり、これが組織の成否を決定づけるのである。
     観光事業における組織とは、観光政策に基づく観光事業の目的・目標及びその使命を達成させるために、観光事業主体の意思決定によって事業内部の責任や権限及び業務配分などを具体的に秩序づけ、実行する自律的協働体系である。
     組織は、一般に次のように分類できる。機能別分類として、①職能別組織、②事業部制組織、③マトリクス型組織、④アメーバ型組織がある。形態的分類として、①ピラミッド型組織、②フラット型組織、③グリッド型組織、④ホ..

    コメント1件

    trek 販売
    注意:本資料は私が合格したものでありますが、各インストラクターによっては合否判定が変わってくるかもしれません。したがいまして、本資料は合格を保障するものではありませんのでご了承願います。
    2011/11/06 17:39 (5年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。