情報概論(科目コード0773) 分冊1  合格 日本大学通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数429
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年、インターネットは、オンラインショッピングやビジネスには欠かせない道具となっているが、その際、十分なセキュリティ対策が必要になる。そこで、暗号化をはじめとしたセキュリティ技術、安全対策、利用時における運用上の注意点について以下に述べる。
     与えられた原文が推測できないように変換することを暗号化と言い、原文に戻すことを複合化と言う。最も古典的な暗号化の1つであるシーザー暗号は、文字を何文字かずらすことで暗号化する換字式の暗号方式である。また、機械を使う転置式の暗号化の1つであるスキュタレー暗号もある。
     最近の暗号では、コンピュータを使って暗号化、複合化を行う。コンピュータの暗号化で現在よく使われるDESやRSAなどの暗号化方式ではコンピュータの乱数や素因数分解という複雑な計算を利用しているため、計算の仕方が公開されていても、鍵を知らない限り実用的な時間で暗号を解くことはできないのである。
     通常、暗号化して送る側と受け取って複合化する側は共通する鍵を持ち、他人に知られないようにして通信している。このような暗号化方式を共通鍵方式、もしくは秘密鍵方式と呼ぶ。これに対して、鍵を第3者に..

    コメント2件

    trek 販売
    課題:インターネットの情報利用に安全性が求められる理由を述べ、安全対策のためのハードウエア・ソフトウエア技術、利用時における運用上の注意点について論じなさい。
    2010/04/16 7:58 (6年7ヶ月前)

    trek 販売
    注意:本資料は私が合格したものでありますが、各インストラクターによっては合否判定が変わってくるかもしれません。したがいまして、本資料は合格を保障するものではありませんのでご了承願います。
    2011/11/06 17:35 (5年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。