温室効果ガス排出と経済発展に関する計量分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数167
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    温室効果ガス排出と経済発展に関する計量分析
    化石燃料の燃焼による二酸化炭素などの温室効果ガスの排出によって地球温暖化が引き起こされているといわれている。経済活動はやはり温室効果ガス排出に大きな影響を持つのか、温室効果ガス排出を抑えた経済発展は可能であるのか、調べてみた。
    まず、CO2排出量とGDPの関係性について調べてみた。予想としては、正の相関関係が認められるだろう。
    y=β0+β1x1+u
    y= CO2排出量(1000t)
    x1=GDP(106US$)
    Dependent Variable: CO2
    Method: Least Squares
    Date: 11/12/10 Time: 19:59
    Sample: 1 230
    Included observations: 200
    Variable
    Coefficient
    Std. Error
    t-Statistic
    Prob.  
    C
    20650.35
    28418.48
    0.726652
    0.4683
    GDP/10^6
    0.459565
    0.024656
    18.63876
    0.0000
    R-squared
    0.636966
        M..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。