車体模型周りの流れと運動量の法則

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数19
閲覧数1,851
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1. 緒言
    車体形状は自動車の空力特性に大きく影響を及ぼすので,車体近傍の流れの挙動をよく把握しておく必要がある.そうでないと無駄な空気抵抗ができたり,車体の安定性が低下したりする.本実験では二次元車体模型を用い,マノメータによる模型表面の圧力分布計測,ピトー管による模型前後断面の流速分布の計測,及び表面タフト法による流れの可視化を行い,これらの原理や実験方法について理解する.また,物体表面の圧力分布より抗力,揚力が算出できることを確認し,さらに運動量の法則からも抗力が算出できる事を理解する.
    2. 理論
    2.1 マノメータの原理
    マノメータは,液体の自重による圧力と測定圧力とをつり合わせることにより,流体の圧力を測定する計測器である.図1において,基準圧力p0,測定圧力p,マノメータのヘッドh,指差液体の密度ρliq,空気の密度ρair,重力加速度gとすると,A点とB点の圧力は等しいことにより次式を得る.
              
    ここで,ρliq≫ρairを考慮すると次式となる.
                                    (1)
    式(1)より,マノメータのヘッド..

    コメント1件

    hideaki0403 販売
    実験のレポートをアップしています。今回のような形式でほかのものも書いてあります。
    2008/10/22 23:26 (8年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。