平面トラスの解析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数1,908
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緒言
    機械及び建築構造物では、少量の材料で大きな強度を持たせるために、はり状の材料を組み合わせたフレーム構造がしばしば用いられる。フレーム構造は、ラーメン構造とトラス構造に分けられるが、これらの違いは、モーメントが生じるかどうかで分けられる。ラーメン構造では、部材同士の溶接や、ボルト、リベットなどで結合され、部材の引張り力と圧縮力とともに、接合部における曲げモーメントが生じる。
    一方トラスは、部材の接点を自由に回転する支点であるピン接合とし、三角形を基本にして組んだ構造であり、結合部で曲げモーメントが生じない。材質としては木材、鋼鉄が用いられる事が多い。
    用途として主なものは、土木では橋梁(トラス橋)、建築では小屋組や、三次元的なトラスによるドームなどにも使われる。また、機械でも金属のトラスが用いられることは多く、巨大なタワークレーンなどがいい例といえるだろう。
    本実験では、トラスの構造とその力学及び解析法を理解するため、実際に三角形要素単純トラス構造を組み立てて、既知の荷重を加えて各部材内に生じる力を測定すると共に、節点法等の解析法を用いた計算を行い、結果の比較検討を行う
    実験装置
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。