教育原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数279
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
    ...
    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』
    ...

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
     ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチー(Johann Heinrich Pestalozzi,1746-1827)はスイスの医師の家に生まれた教育実践家であり、5歳の時に父親を亡くし、その後は母と家政婦によって、全身全霊の愛をもって育てられた。彼は、貧しい人々の救済のために働いていた祖父アンドレアス・ペスタロッチーの影響もあり、孤児や貧民を対象にした教育活動とそれを説明する執筆活動を行っていた。彼はその活動を通して、 特に子どもの初等教育段階に必要とされる全人的な教授アプローチを体系化した人物である。ペスタロッチーの教育実践は、彼の経営する片田舎のノイホーフ農場に労働力として集められた貧困層の子どもたちを対象にした、教育活動がその始まりである。以後、変転する当時の国内情勢の中で、幾度も立場や場所を変えつつも、孤児や貧民の子どもに対する教育活動にねばり強く取り組み、その方法や理念について執筆し続け、ヨーロッパの教育者達に影響を与え続けた。以下、ペスタロッチーの提起した教育原理とそれに基づく彼の教育方法について、述べたい。まず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。