総合演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数273
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 『「情報化社会にどう向き合うべきか」を、どう教
       えるか、具体的な事例、テーマを取り上げて論じなさい。』
     昨今、世界中では急激な情報化が進んでいる。パソコンや携帯端末などでインターネットを利用することで、いつでも世界中のニュースを見られたり、電子メールでいろいろな人と情報のやりとりができたり、世界中から買い物ができるようになったりと、その生活様式や文化は大きな変容を見せた。そしてこの変容は、様々な情報が身の回りに溢れていることを指しており、今後もこの動きは衰えることなく、ますます進んでいくことであろう。情報には様々なものがある。良い情報もあれば悪い情報もあり、正しい情報もあれば間違った情報もある。そして、こういった情報の全てが身近になり、またそういった情報の受信、発信が容易になると、さまざまな問題点が指摘されてくる。例を挙げると、セキュリティや不正アクセス、プライバシーや著作権の問題などが、それに当たる。したがって、こういった中で自己実現をするためには、情報化社会とどうやって向き合っていくかが重要になってくるのであり、そのために3つの留意点があると考えられる。それぞれについ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。