教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数256
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     まず、学校カウンセリングの意義について述べる。これまでの学校のイメージだと、子どもたちが登校時間にやってきて、席について、勉強はよく分からないが、一応勉強をやろうという意欲はあるというように考えてきたと思われる。30人から40人の子どもたちに一斉に勉強を教え、指導していこうとすると、ある程度の集団生活としての統制がとれていないと、教育が成り立っていかない。しかし、最近は学校生活での基本的な生活習慣、態度がまったくできていないというケースが増えている。その原因として家庭での基本的な生活習慣のしつけ、さらには家庭の教育力が著しく低下している点が指摘される。学校にやってきて、45分間きちんと席に座り、ある程度の集中力をもって授業に参加し、教師との普通の対話を通しての人間関係がなかなかできないという子どもたちに、何かを教え学ばせるという教育を行うことはほとんど不可能である。そのような子どもに対しては、何かを教える以前に、まずその教育の枠にのれるように心を育てることが必要であり、学校に来られるように、また自分の席に座り授業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。