生徒指導・進路指導の研究(初等)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数245
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』
     まず、教育相談とは、一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助を図るものである。生徒を指導する場合において、教育相談が重要な役割を果たすのは、生徒を指導するにあたって教育相談的な考え方に基づく生徒理解が重要となってくるからである。たとえば不登校や引きこもりの日常生活を立て直し、学校や社会への適応を援助するためには、カウンセリングなどの教育相談的なアプローチを行うことによって子どもを理解したり、子どもの抱えた問題に対してケアすることが求められる。また、校内暴力やいじめ、非行などといった反社会的な問題行動も、そのような問題行動をとる者は心に何らかの満たされない思いを持っていることが多く、やみくもに問題行動の悪さを指摘して矯正しようとするよりも、教育相談的なアプローチによって子どもがなぜ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。