国語科教育法(科目最終試験対策)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,306
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ≪国語科教育法 科目最終試験対策≫
    ① (1)国語教育の構造について、「目標」「内容」「方法」「評価」にふれて述べなさい。なお、この問題は新テキスト『新たな時代を拓く小学校国語科教育研究』、『書写指導のてびき』で学習した内容に基づき解答すること。(2)教材『やまなし』(宮沢賢治作)の具体的例を示しながら、「読むこと」の指導では、「どんなこと」を、「どのように」指導することが大切かについて述べなさい。なお、この問題は旧テキスト『国語科教育法』で学習した内容に基づき解答すること。
    ○ここでは、「やまなし」の事例を通して、感じたことを基にして情景を読み取る指導を行いたいと思う。そのため、以下の3点について大切にしたい。
    Ⅰ.言葉から感じたことを大切にする。
     感じたことから素直に想像を広げていく楽しさを味わうことが重要である。そのためには、音読する機会をなるべく多く設けることが大切である。「やまなし」は、擬音語・擬態語や比喩表現などが、大変多く使われており、言葉の響きや言葉のリズムを感じることが楽しく、音声化に適した作品であると言え、また音読することで、言葉から感じる自分の思いを確かに持つこ..

    コメント2件

    sarakabu 非購入
    赤字が問題ですか?
    (1)の問題の解答もあるのでしょうか?
    2009/09/14 1:06 (7年2ヶ月前)

    roxie329jp 販売
    赤字が問題です。申し訳ありませんが、(2)の問題で回答させていただいております。
    2009/09/15 23:36 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。