美術概論Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数651
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『美術嫌いになる原因を具体的事例からさぐり、楽しい・わかる・できる授業を通して好きにさせるための手だてを、学習指導要領の目標及び内容・方法と関連づけて述べなさい。』
     幼稚園の児童や、小学校の低学年の児童に「お絵かきするのが好きな人」と聞くと、そのほとんどが「好きー!」と言って、手を挙げる。ところが、同じ質問を、成人を対象にしてみると、ほとんど手が挙がらない。少なくとも、小学校、中学校の9年間は美術教育を受けてきているのにもかかわらず、美術にたいする興味や関心は残念ながらそれほど育っているとはいい難いのが実態である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『美術嫌いになる原因を具体的事例からさぐり、楽しい・わかる・できる授業を通して好きにさせるための手だてを、学習指導要領の目標及び内容・方法と関連づけて述べなさい。』
     幼稚園の児童や、小学校の低学年の児童に「お絵かきするのが好きな人」と聞くと、そのほとんどが「好きー!」と言って、手を挙げる。ところが、同じ質問を、成人を対象にしてみると、ほとんど手が挙がらない。少なくとも、小学校、中学校の9年間は美術教育を受けてきているのにもかかわらず、美術にたいする興味や関心は残念ながらそれほど育っているとはいい難いのが実態である。私自身も例外ではなく、小学校、中学校でその教育を受けているにもかかわらず、やはり美術が好きではないし、それほど興味や関心があるとは言えない。これは、成人各人が持つ、美術に対する苦手意識が美術嫌いを助長させているためである思われるが、これでは美術嫌いを育てるために美術教育をしているようなものであると言わざるをえない。
     美術教育の内容は、造形美の伝達ではなく、造形美の創造そのものであり、決して技術の訓練や知識の記憶が目的ではない。むしろそれらは、子どもの、自発的で自由な表現や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。