スポーツ論入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数971
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。」
     私は小学校、中学校時代にサッカーをやり、高校時代にはバドミントンをやり、大学時代には再度サッカーを行ってきた。小学校時代にサッカーを始めたきっかけは、自分でやりたいと思った訳ではなく、2歳上の兄が先にサッカーをやっていたことである。私自身はその兄の影響を受けたことと母親の薦めがあったこともあり、小学校1年生の時になにげなくサッカーを始めた。中学校時代には、小学校時代の延長でなにげなくサッカーを続け、高校時代には、小学校、中学校時代にサッカーをずっとやっていたため、なにか他のことをやりたいと考え、なにげなくバドミントンを始めた。大学時代は、高校時代3年間やっていなかったサッカーをどうしてももう一度やりたいと思い、再度サッカーをやり始めた。サッカーについてもバドミントンについても、特に上手な訳でもなく、運動神経がいい方でもなかったが、長年スポーツを続けてくる中で様々なものを獲得することができたと実感している。以下に、小学校、中学校、高校、大学時代のスポーツ体験を通して、自分が獲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。