地誌学 第一設問

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数802
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    あなたが居住する市区町村の地域的特徴を明確にした地誌を作成せよ。
    本論文の構成
     神戸市は大阪に次ぎ京都と並ぶ近畿圏の中心であるため、近畿圏を踏まえた上で、神戸市の地域的特徴を明確にした地誌を作成する。
    序章
    神戸市は瀬戸内海の温暖な気候に恵まれており、街の背後に多くの動物や植物が息づいている六甲山、南には古くから国際交流の拠点として発展した神戸港があり、大規模な都市と自然の兼ね備えた都市となっている。図1から見られる大きな特徴として山と海を結ぶ坂道があり、それぞれの坂道に特徴がある。六甲山・摩耶山などからなる六甲山系が東西に走り、山麓南部から臨海部にかけて市街地が形成されている。その市街地は、幹線道路や鉄道など様々な都市機能が集中する住民生活、経済活動の場となっており、さらに南のポートアイランドや六甲アイランドの海上都市では大型港湾施設整備やコンベンション施設等の建設を図るとともに、良好な住環境の創造を目指している。
    第1章 第1・2・3次産業の特色と分布
    第1節 第1次産業
     市内の大半が宅地、商工業地帯となっているため全般に第1次産業そのものは振るわない。表1からもわかるように、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。