ニュ-ジーランドとアメリカ合衆国の開発の歴史、民族構成、政治・経済状況について共通点と相違点を比較しつつ説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数701
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ニュ-ジーランドとアメリカ合衆国の開発の歴史、民族構成、政治・経済状況について説明しなさい。
     ニュ-ジーランドとアメリカは、それぞれイギリス植民地として出発した。両国はイギリスの市場となり、かつ支配と搾取を受け、農産品をヨーロッパ市場へ輸出することによって経済力を強めた。アメリカではその政策に対する不満が噴出し、13州の結束と独立戦争の勝利によって自立国家への道を歩むこととなる。一方、ニュ-ジーランドはイギリスへの忠誠心が厚く、貿易の多くを依存していたため抵抗運動はなく、1907年に国内自治権を得、1947年にはイギリス連邦内の独立国家となった。
     両国とも白人の入植以前、先住民は土地を共同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。