アメリカ合衆国における最近の人口移動現象を要約し、移動の背景を説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,567
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ合衆国における最近の人口移動現象を要約し、移動の背景を説明しなさい。
    アメリカ合衆国の人口の特徴は、移動性が非常に高いことである。近年は中北部、北東部から南部、西部への人口大移動がつづき、人種や民族構成、言語や宗教の多様化がすすんだ。
    アメリカでは、ニューヨークを中心と摺るメガロポリス地区やシカゴを中心とする五大湖周辺、など北東部に都市人口が集積している。そして、都市人口は1920年代に急激な増加期を迎えたが、70年代以降は増加のスピードは緩やかとなりかつ地域差が顕著になってきた。アメリカの北東部のいわゆるフロストベルトからの人口流出がつづき、デトロイト・ピッツバーグ・バッファローなど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。