人文地理学 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,007
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大ロンドン計画の概要と日本の都市計画に及ぼした影響を簡潔にまとめ、自分の住む都道府県または市町村区の都市問題とその要因、それらに対する対策を、地図や図、表・写真を2枚以上用いて論述せよ。
    大ロンドン計画の概要
     イギリスでは18世紀後半の産業革命により、生産活動が活発化した結果、工業都市が形成され、農村社会から産業化社会へと転換していった。とくにロンドンにおいては、農山漁村地域から労働力としての人口が集中した。それに伴い、20世紀初めには、通勤ラッシュや公衆衛生、そして都市環境の悪化など、様々な都市問題を生み出すことになった。 このような中、1902年に都市計画家のハワードが「明日の田園都市」を著し、労働者のためにバランスのとれた職住一体の都市を提唱した。ロンドンへの人口集中による弊害を克服するため、また、第2次世界大戦の戦後復興のため、ロンドン地域を同心円状に、中心部~郊外部~グリーンベルト~田園地域とした。まず、中心部では再開発を行い、人口を抑制した。次に、都市のスプロール化を防止するためにグリーンベルトの設置が決定された。そして、グリーンベルトの外側に作られた田園地域には人口5万..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。