河川ぞい平野の3基本地形の特色を要約し、沖積平野の古地理変化を説明せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数995
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    河川ぞい平野の3基本地形の特色を要約し、沖積平野の古地理変化を説明せよ。
     沖積平野にはさまざまな地形が形成されている。まず、河川の流れに沿って運搬された砂礫や土砂などが粗いものから順に堆積していって扇状地が形成される。扇状地は排水がよく、地下水位も深いことから畑や果樹園として利用されるところが多い。河川の中流部から下流部にかけては、流れも緩やかになり、ここでは河川の氾濫によって作られた低地である氾濫原、流路に沿って土砂が堆積した微高地の自然堤防帯、その背後につくられた泥質で水はけの悪い後背湿地などが見られる。かつて自然堤防帯には集落や道路が立地し、水田の広がる後背湿地との間に土地利用の違いが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。