前漢の武帝がとった対外政策と政治・経済・社会的背景

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,439
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    前漢の武帝がとった対外政策と政治・経済・社会的背景
    秦末の混乱の中で力を伸ばした農民出身の劉邦は、楚の名門出身の項羽を破り、前202年に中国を統一して前漢王朝をたてた。劉邦は都を長安に定め、秦が郡県制を強行して失敗したのをみて、郡県制と封建制を併用した郡国制をしいた。しかし、その後の皇帝たちは諸侯の権力をうばい、それに抵抗する呉楚七国の乱が平定されると、実質的に郡県制とかわらぬ中央集権体制が確立された。前2世紀後半の武帝は積極的な対外政策をとり、大軍を送って北アジアに存在した強大な遊牧民族・匈奴を北方に退けた。このとき、武帝は匈奴をはさみ討ちにしようとして、張騫を大月氏に派遣した。その計画は失..

    コメント1件

    きな子さん 非購入
    こちらは科目最終試験の内容ですか?
    2010/05/17 23:11 (6年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。