戦国時代の諸子百家の思想、とくに儒家と法家の思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,074
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦国時代の諸子百家の思想、とくに儒家と法家の思想を中心に論述せよ
    周王朝が衰えると、中国では有力諸侯が王を称して覇権を競う、春秋・戦国時代へと入った。諸侯は国力の充実に努め、有用な人材の登用を行うようになり、人々は新しい社会秩序のあり方を模索していった。こうした状況の中で多様な新思想がうまれ、諸子百家と総称される多くの思想や学派が登場した。諸子百家の中で後世にもっとも大きな影響を与えたのは、孔子を祖とする儒家の思想である。孔子は、親に対する「孝」といったもっとも身近な家族道徳を社会秩序の基本に置き、家族内の上下のけじめと愛情をひろく天下におよぼしてゆけば、理想的な社会秩序が実現できるとした。孔..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。