辛亥革命から五四運動にかけて知識人を啓蒙するのに重要な役割を果たした出版物に注意し、思想的・文化的・社会的背景にどのような影響を与えたかを論述せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数694
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    辛亥革命から五四運動にかけて知識人を啓蒙するのに重要な役割を果たした出版物に注意し、思想的・文化的・社会的背景にどのような影響を与えたかを論述せよ。
    大戦下の中国知識人のあいだでは、辛亥革命後の政治の混迷に失望し、民衆の自覚に基づく根本的社会改革をめざす立場から、新文化運動といわれる啓蒙運動がはじまった。陳独秀の刊行した雑誌『新青年』は、「民主と科学」を旗印に儒教道徳を批判して、青年知識層に支持された。つづいて、胡適がその誌上で白話(口語)をとなえ、儒教道徳の批判や人間の自由と解放がうたわれた。なかでも魯迅は狂人の側から常人の世界を見るという設定でかかれた『狂人日記』や『阿Q正伝』など、礼教に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。