富国強兵を目的としてとった秦の国政改革

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数404
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    戦国時代、秦が富国強兵を目的としてとった国政改革について、他国の改革との比較も交えて論述せよ。
    戦国時代に入ると、周王室の権威はまったく地に墜ちて、周室は何の力もなく諸侯も王を称するようになり、王に権力を集中して富国強兵政策をすすめる国々は、周辺諸国をつぎつぎと併合し、春秋のはじめに百数十あった諸侯がやがては秦,斉,楚,燕,韓,趙,魏の7国となっていった。これを戦国の七雄という。戦国の七雄は互いに同盟を結びつつ入り乱れて熾烈な争いが繰り返された。七雄のなかでも西方の秦は、先進諸国から有能な人材を集めて積極的な制度改革をおこない、急速に勢力をのばした。秦の孝行は商鞅を用いて二度にわたる改革を行っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。