近代・現代における地理思想、特に自然環境決定論・環境可能論・人文主義地理学の意味と変化の背景

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,320
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代・現代における地理思想、特に自然環境決定論・環境可能論・人文主義地理学の意味と変化の背景
    近代においての地理学が成立したのは、18世紀末から19世紀初頭にかけてであり,ドイツのリッターやフンボルトは近代地理学の父とされている。リッターは自然と人間との相互依存関係をはっきりと認めながら,人間の創造者たる神の意志を忘れてはならないとしているところに,なお中世神学的思考の尾を引いていた。これに対し,ラッツェルは、人間の行動は自然環境によって必然的に決まる「環境決定論」を主張した。しかし、人間の歴史を他の生物の進化史と同様に解釈しようとする傾向が強く,自然の力を機械的に解釈したことから批判を受ける..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。