4つの立地論の要点とそれらの理論的相違点と問題点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,848
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4つの立地論の要点とそれらの理論的相違点と問題点
    立地論とは企業が事業活動の拠点をどこに立地するか、立地を決定する要因は何であるのかを研究するもので,チューネンの農業立地論・ウェーバーの工業立地論・クリスタラーの都市・集落立地論・レッシュの産業立地論などが有名である。チューネンの農業立地論では、自然条件を考慮しない均等・均質な仮想的な空間「孤立国」においては、市場(都市)から生産地までの距離だけを問題として、どの生産様式・生産物がその距離で一番生産するのに適しているかという農業経営様式の配置の問題を考えた。その後,チューネンの理論を応用展開したのが,ウェーバーとクリスタラーである。まずウェーバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。