日本の公共交通が抱えている問題点(大都市に限らず)を地域の視点から理解する。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,063
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の公共交通が抱えている問題点(大都市に限らず)を地域の視点から理解する。
    高度経済成長以降、大都市においては、産業の中枢機能が都心部へ集積した一方で、人口のドーナツ化現象が一層顕著となり、通勤・通学輸送の長距離化とラッシュ時の混雑が顕著に見られるようになった。また、モータリゼーションの進展による慢性的な交通渋滞、交通事故の他にも大気汚染・騒音など道路交通を原因とする公害が問題となっている。かつては、日本の多くの都市で走っていた路面電車も、モータリゼーションの波に押され、自動車の邪魔になるという理由から廃止されていったのである。一方、地方都市においては、人口の分散、拡大化が輸送需要の減少とむ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。