学習指導要領と教育課程編成の関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,496
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.現行学習指導要領と教育課程編成の関係について
    まず、二つの関係について述べる上でこの二つの定義を述べていく必要があると考える。まず、学習指導要領とは学校教育における教育活動の具体的な内容や方法を記したもので、様々な議論があるものの、現在では文部科学大臣が「公示(官報告示)」する形をとり、いわゆる「法的拘束力」をもつとされている。次に、教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画のことである。そして、学校が教育課程を編成する場合、学習指導要領において、法令及び学習指導要領の示すところに従うこと、生徒の人間として調和のとれた育成を目指すこと、地域や学校の実態を考慮すること、生徒の心身の発達段階と特性並びに能力・適正・進路等を十分考慮することの4点を前提とすることが原則であると示されている。教育課程編成にかかわる法令としては、各学校において学校教育目標を設定する際に基盤とする「教育基本法」及び「学校教育法」、学校設置や組織・運営などの校務分掌、そして、教育課程の編成など学校運営に関わる「学校教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。