情報社会の光と陰

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数548
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報社会の「光」と「陰」
    ~変化するいじめ~
     工業社会から情報社会に移り変わろうとしている今日において、インターネットの存在は生活に欠かせない物となっている。今ではユビキタス社会と言われ、いつでもどこでも情報ネットワークにアクセスできる環境が整ってきている。しかし、技術が著しく進歩している中でセキュリティーが技術の進歩に追いついていないという現状である。そのため、世の中では出会い系やワンクリック詐欺などの違法サイトがネット上に偏在している。また、SNSやブログにより、顔も名前も知らなくても誰でも交流ができるようになったことで、情報交換の場が格段に増え、利用者も増加している。しかし、その背景においても、一般人を装った悪質な業者が存在し、犯罪が多発している。また、自殺サイトや学校裏サイトによる自殺者が激増しており、暴力など直接的な攻撃によるいじめが多かった以前に比べ変化したいじめが実際に起こっているようだ。そこで今回は、インターネットの普及によって変化していくいじめについて書いていく。
     いじめの増加する年代として小学6年生がいじめのピークで平成18年度のいじめの認知件数は124,898..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。