アニメーションが実写より良い点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数216
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アニメーションが実写より良い点
     
    アニメーションと実写が人々にどのような印象を与えているだろうか。そして、アニメーションの良い点はどこだろうか。という課題を、今回は許斐剛「テニスの王子様」を通して論じていこうと思う。
    「テニスの王子様」とはテニス漫画として1997年から少年ジャンプに連載され、単行本も販売している旧来のスポ根漫画とは違ったタイプのスポーツ漫画である。連載から徐々各方面へのアプローチの結果、女性読者層も獲得し、現在幅広い年齢層の人に好かれているアニメで、2006年に実写映画を公開し、他にもミュージカルなどを行っている人気の少年漫画である。
    そして、アニメーション映画が実写映画よりいい点を大きく三つ挙げようと思う。まず一つ目として、アニメーションでは非現実的なプレーや動きをするとき、実写では実際の人間がプレーをするため、動きに限界があるのでどうしても本物の真似をすることは難しい。その点、アニメーションだったら人間では難しい動きをスムーズに分かりやすく表現出きるのに対して、実写ではそのような動きはCGやワイヤー等を使わなければ難しく、無理にしたところでぎこちない動きが返って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。