交通論 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数250
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目コード0827

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来、航空輸送は、国家の威信がかかっており、軍用機ばかりでなく、民間航空輸送業においてもまだ幼稚産業ということもあり、手厚い保護のもとにあった。そして、国家の威信をかけ国旗を背負って飛ぶ航空会社とは、ナショナル・フラッグ・キャリアと呼ばれていた。しかし、1978年に成立した米国の「規則緩和法」が航空産業に対する政府の保護の姿勢を崩すことになった。同胞によって路線免許、運賃規制を段階的に撤廃し、最終的には、政府保護を撤廃し、航空産業は自由競争を前提とする「一般産業」と同等の産業として位置づけられたのである。そのような体勢は、しだいに世界的に広がっていき、とくにわが国においても長年の保護政策が改定され民営化によって競争社会への模索がなされてきている。国際航空輸送において、急激な変化が8つの側面で生じてきている。①観光の重要性の増大②世界的な自由化や規制緩和化への移行③世界的な航空の民営化への移行④巨大航空会社に対するマーケテ寝具の優位性⑤合併と提携の増加⑥CRSと情報システムの普及⑦外資の受け入れの増大⑧多国籍システム化への移行以下に、自由化や民営化によって生まれたFFPや、企業提携などの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。