日大通信 「特別活動の研究」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数607
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成二十年に改正告示された「新学習指導要領」では、中学校における特別活動の目標
    として、「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集
    団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育
    てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う」こ
    とが挙げられている。特別活動とは、従来から集団において「なすことによって学ぶ」教
    育と言われている。つまり、経験重視の体験活動そのものである。また、所属の学級集団
    をはじめ様々な規模の集団活動があるが、その活動過程を通して各教科で学んだ諸能力や
    技能が生かされたり、道徳で培った道徳的実践力を実際の活動で実践したりすることにも
    なる。また、児童生徒のそれぞれの発達段階に応じて、生徒指導の目標である自己理解や
    自己実現を図り、自己をよりよく生かそうとする資質を育てる具体的な活動でもある。
     そして、このような活動の中でも、学級を単位として行われる学級活動は、学級経営や
    生徒指導と強い関連性を持つものであり、特別活動の目標を達成するために最も重要な役
    割を果たすと考えら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。