日大通信 「教育の方法・技術論」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,012
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学年・学級制による一斉指導形態は、一人の教師が多数人の生徒に、同一内容を同時に
    効率よく指導することが可能であり、経済的・時間的な能率を上げることに成功し、広く教育を普及することに大きな役割を果たした。
    しかし、この授業形態は、多数者の同時教育を可能にするための便宜的な方策であって、
    生徒の学習は受動的なものになり、自主的・自発的な学習は行われにくく、同時に一人一人の生徒を大事にする教育とは言えず、生徒の個人差を無視する画一的な方式であった。
     そうした中、19世紀中期から20世紀初頭にかけて、個人主義思想の高まりによる個人差の尊重や個性化の伸張といった動向が、一斉指導形態に対して多様な授業形態を案出させることになる。
     個人差の問題の処理として、まずは特定の学習集団の中をできるだけ等質化する方法が
    考えられた。その方法としては、能力別学級編成と能力別小集団指導があった。ところが、
    こうした等質化による授業形態は、個人差の問題に対する一つの方法ではあったが、能力
    が一人一人違うことを重視すれば、集団で学習するよりも個人別に学習できる方法を取り
    入れる方が明らかに合理的であった。そこで、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。