日大通信 「教育の思想」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数783
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ジョン・デューイ(1859〜1952)は、それまでの伝統的な旧教育を批判した「新教育運
    動」を提唱した、代表的な教育思想家の一人である。デューイが描いた理想的な学校像と
    はどのようなものであったのか、述べていきたいと思う。
     デューイはそれまで行われていた、ある一定量の知識を一方的に教師から子供たちに注
    入する教育、記号的・形式的なものを暗記・暗誦させ、それを試験する、というようなことを繰り返す、受動的で機械的、また、柔軟性や多様性に欠ける教育の在り方を批判した。
    このような批判の背景には、デューイの、社会が自らのために成就してきた一切のものは、
    学校の機能を通して未来の成員に伝達される、という考えがある。つまり、学校は社会の変化に対して、もしも学校での教育が生活にとってなんらかの意味を持つべきであるのならば、同様に完全に変化を遂げなければならないのである。学校とは、今も昔も、国の政策を子供たちが直接受ける大変に重要な場であり、将来社会を担う人間を育てる場である。
    社会が変化しても、学校が変化しないのは重大な問題である。かつては、生活に必要なものを自分の家で、もしくは自分が隣近所と協..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。