日大通信 「教育カウンセリング論」 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,158
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず初めに、学校カウンセリングとは何かについて述べると、初等・中等学校で行われ
    る教育相談を、特に「学校教育相談(学校カウンセリング)」と呼び、教育委員会等で行
    われる教育相談と区別される場合が多い。前者は原則的には、全教師がそれにあたること
    が求められており、『生徒指導の手引き(改訂版)』によれば、学校カウンセリングとは、
    「本来、一人一人の子供の教育上の諸問題について、本人又はその親、教師などに、その
    望ましいあり方について助言指導をすることを意味する。言い換えれば、個人の持つ悩み
    や困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助を
    図ろうとするものである。」と記されている。
     そこで、学校カウンセリングの意義・目的について、さらに詳しく述べると、まず第一
    に、温かい人間関係の育成が挙げられる。教師・生徒の人間関係とは一方的なものになり
    易いが、学校カウンセリングを行うことで、一人一人の生徒との間に信頼関係を樹立する
    ことができる。そして第二に、生徒の自己理解への支援が挙げられる。学校カウンセリン
    グを通して生徒が自分自身を見つめ、自分にあった進路選択..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。