日大通信 「英文法」 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,409
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    我々は動物のコミュニケーションについてほとんど知らない。しかし、それは人間の言
    語の複雑さの域にはどこにも匹敵すらしないと言うことはできる。子供は6歳か8歳まで
    に、遊び仲間のとる一連の複雑な行動を観察し、後でそれを実況解説することができる。
    ミツバチにできることの大部分は、花の蜜の発見のために舞うことであり、我々が不案内
    な人に方向を指し示す際にすることとちょうど酷似している。メッセージの内容は、取る
    に足らない極めてありふれたものだ。子供にとって、遊び仲間の行動はあなたが喜ばせる
    のと同じくらい予測できるはずがないのだが、子供はどういうわけか、それらを言葉で表現するだろう。この技能を獲得するには、文字通り身に付けるのに何年もかかる体系の専門的技能が必要となる。早期の開始は不可欠であり、それは胎児期であるはずがない。実践は音が自由に伝えられる野外で始めなくてはならない。なぜなら言語は音であるからだ。
    そして、もし言語が社会的に効果的であるべきものならば、周囲の環境が両親やベビーベ
    ッドに限られている、生まれて1、2ヶ月の間に習得されるはずがない。しかし、子供が
    より強くなり、そしてそ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。