日大通信 「英米文学概説」 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,036
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    劇は小説と同様に、物語・性格描写・筋もしくは構成・雰囲気といった素材から構成さ
    れているが、小説とはいくつかの点において明らかな差異が見られる。
     例えば物語を語る場合に、小説なら容易なことが、劇となると劇そのものの中で語らな
    ければならない。つまり、登場人物のある者が他の登場人物に向かって語るという方法を
    取らなくてはならないのである。そのため、劇の書き出しはいささか書きにくく、それま
    で起こっていたことを語るのに、それが自然に納得のいくように本筋の中に挿入されてい
    かなければならない。この点シェイクスピアが大変上手くこれをやっている作品が『あら
    し』である。『あらし』では、父が娘に自分達の身の上話を語り始めることによって、自
    分達がどのような過去を持ち、今どのような立場にいるのかということを、とても自然な
    形で観客にも語っている。また『ハムレット』でも、兵士達が懐疑的なホレイショを納得させようと、自分達が現に見たこと(ハムレットの父の亡霊)を話して聞かせる。こうして観客に亡霊のことを語り、ついでに国の現状のことも語るのである。また、劇は小説とは違って作品を短くしなければならないため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。