日大通信 「法学」 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数629
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉人権経済社会文化日大通信法学

    代表キーワード

    日本大学法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本国憲法は、基本的人権の尊重、国民主権、平和主義を三大原理としており、この中
    の基本的人権を最も重視している。その基本的人権は、基本的人権の永久不可侵、基本的
    人権を保持利用する責任と濫用の禁止、個人の価値の平等、個人の尊重(尊厳)の原則が
    前提となっている。
     そして、日本国憲法では、思想・表現の自由などの自由権、個人が同等に取り扱われる
    平等権、健康で文化的な生活ができる生存権などの社会権、国政や自治体の選挙に参加で
    きる参政権、国や自治体の行為で損害を被った場合には、国や自治体に対して賠償を請求
    することができる権利などを基本的人権として保障している。以下、これらの権利につい
    て、詳しく述べていきたいと思う。
     自由権とは、国家権力の介入や干渉を排除して、国民の自由を確保する権利である。保
    障の対象により「精神的自由権」「身体的自由権」「経済的自由権」に分類される。精神
    的自由とは、人間の精神的(知的活動の)自由にかかわる権利である。個人の尊厳と民主
    主義存立の根幹的な権利であるため、原則的にその制限は許されない。日本国憲法の中の
    思想信条、信教、表現、学問の自由等がこれにあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。