生活科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数172
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。その際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。キーワード:「学び」「体験」「かかわり」「遊び」 」

    第1章 生活科のカリキュラムについての基本的な考え
    生活科は自主的で主体的な態度を育てることを目指しており,具体的な活動や体験に基づく学習は子どもが自分の良さを生かし,自分らしさを存分に発揮させることにつながる。そのため教師は子どもを理解することはもちろん,子どもの生活圏である家庭や学校,地域を理解し,学習環境を設定していかなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。その際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。キーワード:「学び」「体験」「かかわり」「遊び」 」
    第1章 生活科のカリキュラムについての基本的な考え
    生活科は自主的で主体的な態度を育てることを目指しており,具体的な活動や体験に基づく学習は子どもが自分の良さを生かし,自分らしさを存分に発揮させることにつながる。そのため教師は子どもを理解することはもちろん,子どもの生活圏である家庭や学校,地域を理解し,学習環境を設定していかなければならない。子どもにとって身近な地域が学習の場や対象となるからである。
    子どもにとって身近な素材を教材化することは,身の回りの自然や環境に関心を持ち,「自分の住んでいる場所」を愛し,知ろうとし,よりよく生きることにつながると考える。そこで身近な環境に触れ「○○したい」という思いや願いをもって活動や体験ができるように地域素材を見直し,教材化の工夫を図りたい。さらに,子ども一人ひとりの思い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。