教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数128
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    カウンセリングのもともとの概念は、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をするということであった。しかし、近代に入り社会の構造が複雑化するにしたがい、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化している。そのため、これまで単なる素質や経験だけで対応できていた問題から一定の知識や技術が要求されるような問題が増え、今日一般に使われるカウンセリングという概念ができあがり発展してきた。
    カウンセリングとは、心的構造における、イド(快楽を求める心)・自我(自分の行動を決定する心)・超自我(理想の心を求める心)のアンバランスを修正することである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
     カウンセリングのもともとの概念は、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をするということであった。しかし、近代に入り社会の構造が複雑化するにしたがい、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化している。そのため、これまで単なる素質や経験だけで対応できていた問題から一定の知識や技術が要求されるような問題が増え、今日一般に使われるカウンセリングという概念ができあがり発展してきた。
    カウンセリングとは、心的構造における、イド(快楽を求める心)・自我(自分の行動を決定する心)・超自我(理想の心を求める心)のアンバランスを修正することである。しかし一般的には、なにか心の悩みを解決してくれたり、自分で解決できない問題に対して相談にのってもらえるのがカウンセリングだと思われている。たしかに、広義のカウンセリングにおいてはそのとおりであるが、ここでは、人生において誰もがもつ悩みに対するカウンセリングではなく、誰もがもつ可能性のある悩み、すなわち非社会的行動、あるいは神経症(ノイローゼ)による悩みに対する狭義のカウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。