社会福祉サービスの実績と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数187
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.制度・政策としての社会福祉と実践としての社会福祉
    社会福祉には,「制度・政策として」の側面と「方法論・実践とし
    て」の側面がある。
    「制度・政策として」の社会福祉は,憲法第25条に規定されている
    「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障するために,国の
    責任において-碇の社会福祉サービスを提供する。
    一方,「方法論・実践として」の祉会福祉は,福祉サービスを人びと
    が有効に受けられるように援助する。また,生活上のさまざまな間題に
    ついて,制度に規定されていないものについての相談援助も重要な要素
    である。サービスの利用者にとりて布効なサービス活用に重点をおく,
    塞践としての相談援助や生活支援活動を「ソーシャルワーク実践」という。
    2.精神障警者福祉における制度・政策と実践
    まず,精神保健福祉の近年の動向を概観し,制度・政策の問題につい
    て考えたい。
    長い間,精神障害者は医療の対象とされ,入院中心の隔離政策がとら
    れてきたため,精神障害者の福祉についてはみるべき施策がなかった。
    1987(昭和62)年,精神障害者の入楕と社会復精を柱とする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。