地域福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1,000
閲覧数183
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉

    代表キーワード

    社会福祉地域福祉論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ボランティアの基本的性格について5つの視点から特徴をまとめたいと思います。1自発性、主体性、さまざまな社会的課題に対して自分自身の意志で積極的に関わっていくこと。ボランティアという言葉は1647年ごろにイギリス社会で使われはじめた。当時のイギリス社会は革命前の混乱状態で、自分達の町は自分達で守らなければならず、自らすすんで自警団に参加した人をボランティアと呼んだ。このように本来、「自発的な人」という意味である。「自発的・主体性」がボランティア活動の基本的、根源的性格である。又、体験活動、奉仕活動とボランティア活動の混同として、日本では過去に「奉仕活動」と訳したこともあった。このため、現在も依然として「奉仕活動」のニュアンスが根強く残っている。学校教育においてボランティア活動と称して全生徒を半強制的に動員して清掃等に学校行事として取り組んでいるケースも多くみられる。これがボランティア活動の定義に混乱をもたらす要因のひとつになっている。
    2公共性・福祉性・連帯性・個人的な利益や楽しみのための活動ではなく、共に生きる豊かな社会の創造を目指すこと。「公共性」とは、ボランティア活動が自己のみの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。