社会保障論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1,000
閲覧数164
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉

    代表キーワード

    社会福祉社会保障論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    公費負担医療制度とは、医療費の自己負担の一部または全部を、国あるいは地方自治体が公費により負担する制度です。国民のいづれかの医療保険に加入することにより、具体的な給付を受けることができます。しかし、一般的に医療保険で取り扱うことが不適当な事情、社会的あるいは歴史的な事情がある場合に、公費負担医療制度が実施されることになっています。
     公衆衛生の向上を目的とするもの、①公害健康被害補償、これは大気汚染や水質汚濁などの公害による健康被害として認定された患者の公費負担です。指定負担には、気管支ぜん息、慢性気管支炎、ぜん息性気管支炎、肺気腫などがあります。②精神障害者通院医療費の公費負担、これは精神疾患をもって通院する人を対象とし、年齢制限はありません。治療に要する全医療費の95%を公費と医療保険で負担します。措置入院の場合にも、自己負担部分の一部は公費で負担されます。③結核予防法による命令入所または適正医療、これは結核を患った患者が、指定された医療機関において治療を受ける時、全医療費の95%を公費と医療保険で負担します。家族や周囲の人々に感染させる状況にあるときには、患者本人の同意をもって、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。