精神保健福祉相談について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数707
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉相談について
    当院で精神保健福祉相談を担当しているのは、精神保健福祉士(PSW)です。精神保健福祉士は、1997年に国家資格化された精神保健福祉領域の相談員(ソーシャルワーカー)です。
    精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカーとして以前より精神科医療機関を中心としてチーム医療の一員を担ってきました。
    特に近年は、ストレスを抱えることが多い社会となっており、年齢を問わず多くの方々が精神科・心療内科等を受診しています。さまざまな社会生活の問題や不安を解決するために生活面や福祉的な資源等を視野に入れ支援を行っていく職種となります。
    そこで精神保健福祉に関する用語、制度などについて説明いたします。
    ・個別援助(ケースワーク)
    精神保健福祉相談における主な方法となるのが、個別援助になります。
    ご本人の希望や医師や関係機関からの依頼、PSWからの提案等により援助が開始されます。基本的には、ご本人の主体性を尊重し本人自身が問題解決できるようにサポートしていきますが、医師の指導・ご本人に関係する方や機関の協力により進めていく場合もあります。
    必要に応じて、連携・問題改善を図るために機関訪..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。