精神障害者のケアマネジメントについて述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,063
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者のケアマネジメントについて述べなさい。」
    1.ケアマネジメントの歴史的展開
    (1)アメリカ  アメリカにおいて1960年代に総合地域社会精神保健センター法が制定され、脱施設化施策により退院した精神障害者に対する地域での生活支援システムが必要になった。そこで、1970年代後半からケースマネジメントがNASW(全米ソーシャルワーカー協会)の会議に共通課題として登場した。国立精神保健研究所によって、ケアマネジメントの前身であるコミュニティサポート・システムの考え方を実施し、1984年病院認定合同委員会によりケアマネジメントの方法が設定され、それ以降、幅広く普及した。
    (2)イギリス  1950年末、精神障害者に対する収容主義への批判が相次いだ。そこで、1959年精神衛生法が制定され、1960年精神科病棟削減のための15カ年計画が策定された。1989年には、コミュニティ白書を発行し、コミュニティケア改革の6原則を示した。そして、1990年の国民保健サービス及びコミュニティケア法によって、在宅住民のニーズのアセスメント、サポート提供の要否の判断を地方自治体の責務とした。このようにし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。