精神保健福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,290
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神保健福祉士としてよりよい相談援助活動を行うために、新しい知識や技術を取り入れ、それに必要な原動力となるものが価値であるといえる。又、専門職として対象者である精神障害者をどのような視点でとらえればよいのか、その視点を持って精神障害者をどのように理解し関わればよいのかを明らかにすることが求められている。精神保健福祉士に必要な視点、価値には次の四点があげられる。
     1)精神障害者の人権の尊重
     精神保健福祉士にとって精神障害者の人権の尊重は最も大切なことである。精神障害者の人権は長年に渡って侵害されてきた、今なお差別と偏見、誤解が多く見られる。医療において患者の人権が尊重されるべきことはいうまでもなく患者の権利擁護を図ることは重要な役割である。看護士やその他の医療スタップと医師の指示のもとに診療の補助として医療行為に加わる、そのような患者の救命が最優先される状況のなかで精神保健福祉士は精神障害者の権利擁護の立場から、最大限の配慮がなされるように努力する必要がある。
     また、地域生活支援の活動を進めるうえでクライエントの人権が尊重されるべきはもちろん、その人が成長し続け、一回性の生を営む..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。