精神保健福祉援助技術総論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数824
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神疾患は一般に、その発症や症状の持続における生物学的な要因に加え、心理社会的要因が大きく関与している。また、薬物療法の進歩によって症状が改善したとしても、生活環境との力動的な相互作用によって再発、再燃のしやすさや生活のしづらさを障害としてかかえる人がいる。統合失調症などは思春期、青年期に発症することが多いため、長期入院や闘病生活によって、なかなか当たり前の生活経験ができない。生活のしづらさは、このような生活経験の偏りも影響している。
     さらに、精神疾患を体験することは、自らの主体性が揺らぐという体験をしたということになる。精神障害者に対する特有のスティグマも加わり、負い目や焦りとなって、失敗が許されない後ろ向きの生活の仕方になったり、一度に名誉挽回をねらう焦りになったりして悪循環になることもある。
     精神科医療には、このような疾患と障害の相互関係、精神障害者と生活環境との力動的な相互作用を理解し、治療、リハビリテーションを総合的に進めていくことが求められるようになり、チームアプローチが不可欠である。とくに最近は、入院医療中心から地域生活支援中心への転換や障害者自立支援法の成立により..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。