精神保健学、課題となる精神保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数333
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バブル崩壊後、景気低迷が続き金融不況や会社の倒産、それにともなう失業者増加、そして働き盛りの中高年の自殺増加などが起こってしまい、大きな社会不安になっている。また、若者の職や将来に対する不安や不満からで定職におさまらずにニート等になる傾向も問題とされている。職場では経費節約や生産向上のもとに合理化を強いられ、IT技術発展により新しいシステムが次々導入され、こうしたシステムについていく事ができない年配者などには大きなストレスとなり、労働時間の増加などにより急死する事もある。さらに従来の終身雇用制と年功序列が崩壊し、今は働く能力に応じて給料支払いが変化する業績主義や能力主義になり、競争社会へと変化してきた。こうした急激な変化は、終身雇用制と年功序列制を前提として、生活設計をしてきた中高年世代には、一段と高いストレス状態になってしまう。職場で働く若い世代にも、常に業績を求められる追い込みがかかり、仕事を続ける事ができずに退職したり休職したりすることも多い。労働の場がこうした問題を抱えているなかで、技術革新や高度管理化された職場、複雑な人間関係に適応出来ず、心身の健康を損なう労働者が増えている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。