図書館コレクションの構築と注意すべき事柄

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数600
ダウンロード数22
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
     図書館が図書館としての使命を全うするためには、充実した図書館コレクションの構築が必要不可欠であることは改めて述べるまでもないであろう。しかしながら、実際に図書館コレクションの構築を行なう場合、資料購入予算の制限や書庫スペースの限界など各種の障害が存在し、世にあまねく存在する資料のすべてを図書館コレクションとして収集することは不可能である。従って、各図書館には図書館利用者の要求を可能な限り満たすことのできる資料の収集が求められ、その中で収集すべき資料の選択に迫られることになるのである。そこで本課題では、筆者が現職の図書館員として図書館コレクションの構築に関与すると仮定した場合に注意すべき事柄を考えていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
     図書館が図書館としての使命を全うするためには、充実した図書館コレクションの構築が必要不可欠であることは改めて述べるまでもないであろう。しかしながら、実際に図書館コレクションの構築を行なう場合、資料購入予算の制限や書庫スペースの限界など各種の障害が存在し、世にあまねく存在する資料のすべてを図書館コレクションとして収集することは不可能である。従って、各図書館には図書館利用者の要求を可能な限り満たすことのできる資料の収集が求められ、その中で収集すべき資料の選択に迫られることになるのである。そこで本課題では、筆者が現職の図書館員として図書館コレクションの構築に関与すると仮定した場合に注意すべき事柄を考えていきたい。
    2.筆者が勤務する図書館の状況
     筆者が勤務する横浜市立図書館○○区分館は、延床面積およそ2,500m×m、蔵書総数およそ150,000冊を数える(註1)典型的な公共図書館である。地域に根ざした公共図書館の主な任務は、子どもからお年寄りまで地域住民を包括的にサービス対象として、多種多様な情報ニーズに応えるべく様々な角度から図書館コレクションの構築を行ない、「一般公衆..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。