『中小都市における公共図書館の運営』(中小レポート)(1963)の役割・意義に関する報告

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,286
ダウンロード数17
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.『中小都市における公共図書館の運営』(『中小レポート』)とは
     『中小レポート』(以下、文中では『レポート』と表記する)は、日本図書館協会事務局長有山崧を発起人として1960年度から3ヶ年計画で実施された「中小公共図書館の運営基準を作成する事業」の成果の報告書である。1963年3月に公刊され、その中で「公共図書館の本質的な機能は、資料を求めるあらゆる人々やグループに対し、効果的にかつ無料で資料を提供すると共に住民の資料要求を増大させるのが目的である」と規定された。また、当時の図書館運営の中心であった大図書館を「中小図書館の後楯として必要」とし、「中小公共図書館こそ公共図書館のすべて」として運営体制の移行を促していた。更には「図書費の充実」を謳い、「『図書館という建物があり、ここで本をみる』これが図書館だといった考え方は過去のものである」と図書館という建物の有無の必要性まで問い直していた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.걑뭷룷뱒럖궸궓궚귡뚺떎룕듲궻뎑걒걁걑뭷룷깒긣걒걂궴궼
    걑뭷룷깒긣걒걁댥돷갂빒뭷궳궼걑깒긣걒궴딯궥귡걂궼갂볷룕듲떐됵럷뼮떿뮮뾎랹蟹귩뵯딳릐궴궢궲1960봏뱗궔귞3깣봏똶됪궳렳궠귢궫걏뭷룷뚺떎룕듲궻뎑딈귩띿맟궥귡럷떾걐궻맟됈궻뺪뜍룕궳궇귡갃1963봏3뙉궸뚺뒮궠귢갂궩궻뭷궳걏뚺떎룕듲궻렲밒궶궼갂럱뿿귩땫귕귡궇귞귚귡릐갲귘긐깑긵궸뫮궢갂뚼됈밒궸궔궰뼰뿿궳럱뿿귩믯떉궥귡궴떎궸뢟뼬궻럱뿿뾴땫귩몵묈궠궧귡궻궕뽞밒궳궇귡걐궴딮믦궠귢궫갃귏궫갂뱰렄궻룕듲뎑궻뭷륲궳궇궯궫묈룕듲귩걏뭷룷룕듲궻뚣궴궢궲뷠뾴걐궴궢갂걏뭷룷뚺떎룕듲궞궩뚺떎룕듲궻궥귊궲걐궴궢궲뎑뫬맕궻댷뛱귩몿궢궲궋궫갃뛛궸궼걏룕뷂궻렳걐귩궋갂걏걑룕듲궴궋궎뙕븿궕궇귟갂궞궞궳귩귒귡걒궞귢궕룕듲궬궴궋궯궫뛩궑뺴궼됡땸궻귖궻궳궇귡걐궴룕듲궴궋궎뙕븿궻뾎뼰궻뷠뾴맜귏궳뽦궋뮳궢궲궋궫갃
    2.걑뭷룷깒긣걒궻뽴뒆궴댰
    깒긣뚺뒮댥멟궻볷궻룕듲궼갂뙢뿧귘묈둾뿧궶궵궻묈룕듲뭷륲궻뎑궳궇궯궫갃룕듲궻궴궢궲귖럱뿿궻맢뿚궴뺎듖궕뢣럨궠귢갂뿕뾭궥귡궸귖룕듲궸븢궘귏궳궸떁뿣궕궇궯궫귟갂뫾뢯궕뾎뿿궳궇궯궫귟궴뿕뾭뜟볩궶륉떟궕뫏궋궲궋궫갃뾎랹귞궼갂깒긣궻뚺뒮궸귝귟룕듲뭷륲궻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。