専門資料について、および各分野の二次資料についての概説

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,130
ダウンロード数38
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.専門資料とはなにか
     専門資料とは、すべての学問分野において特定領域のみの話題を集約して刊行された資料のことであり、人文科学資料、社会科学資料、自然科学資料などの総体を意味している。学術資料と言い換えることもできる。その刊行形態は様々で、図書、学術雑誌、ニュースレター、デジタル資料などがある。しかしながら、専門資料はその内容の程度の高低で区別されているわけではない。例えば、児童向けの読み物や個人開設のWEBページなどの一見して程度が低く、資料とは言えないようなモノでも、捉え方によっては専門資料に含まれることがあるようだ。当該の資料を分類しようとする人の裁量に任されている部分が大きいように感じられる。『これが専門資料である』という絶対的な線引きはせずに、相対的、便宜的な概念として捉えておいた方が理解しやすいのではないだろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.専門資料とはなにか
     専門資料とは、すべての学問分野において特定領域のみの話題を集約して刊行された資料のことであり、人文科学資料、社会科学資料、自然科学資料などの総体を意味している。学術資料と言い換えることもできる。その刊行形態は様々で、図書、学術雑誌、ニュースレター、デジタル資料などがある。しかしながら、専門資料はその内容の程度の高低で区別されているわけではない。例えば、児童向けの読み物や個人開設のWEBページなどの一見して程度が低く、資料とは言えないようなモノでも、捉え方によっては専門資料に含まれることがあるようだ。当該の資料を分類しようとする人の裁量に任されている部分が大きいように感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。